【半年間の在宅勤務で分かった】在宅勤務は適度にサボる方が効率が良い!?|上手なサボり方5選

仕事

ここ最近で在宅勤務の働き方が増えました。まだまだこれからも広がっていく働き方でしょう。

私も在宅勤務の仕事になり、分かったことがあります。

それは、「めっちゃサボりたい」です!(笑)でもバレたら後が怖いですよね。

実際に在宅勤務でサボった経験の有無についてアンケート結果があります。

出典:リモートワークで困っていることランキング!男女961人アンケート調査

意外とサボっている人は多いですね。全くサボったことがない人は1割程度です。

そこで今回はしっかり仕事をしつつも、上手なサボり方について紹介します。

(方々に怒られそうな記事ですが・・・)

※実施するかどうかは自己責任でお願いしますね(笑)

上手なサボり方①:ベランダで小休憩

在宅ワークをしていると、どうしても外出や日光を浴びる機会が減ってしまいます。

日光を浴びるとビタミンDが作られ、骨の健康や精神の安定に繋がると言われています

引きこもりがちな在宅ワークで気分転換、健康増進を行いコンディションを整えてから仕事に戻ることで仕事の効率化につながります。

ベランダでぼーっと遠くを見つめたり飲み物を飲みながら、ほっとした気分になれるのも在宅ワークならではですね。

中にはお昼休憩中に自宅のベランダでBBQをする猛者もいるようです・・・!すごい。

上手なサボり方②:隙間時間でマンガを読む

業務中のちょっとした待ち時間や一区切りした数分間、がんばった自分を少しだけ労うために、漫画の1話分だけ読んだりするのも1つです。

1話分だと約3~5分程度で読み終わります。

お手洗いに行く時間と差がないのでコッソリ読んでいてもばれることはないでしょう。

読み終わったら気持ちを切り替えて次の漫画タイムまで頑張りましょう。

上手なサボり方③:ネットショップで仕事意欲を上げる!?

ネットでウィンドウショッピングをするのも1つです。

服やスマホカバー等、少し気になっていたものを見に行き欲しいものがあれば購入する。

早ければ当日から次の日に届きます。買い物をすれば、もちろんお金が減ります。

お金が減ることで「減った分稼がなきゃ」という気持ちになるので、荷物を待つ楽しみ+稼がなきゃ!

という気持ちで仕事のモチベーションが上がることに繋がります!

上手なサボり方④:シャワーを浴びてスッキリ!

どうしても気分があがらない、集中力が出ない、悶々とする。のような気分になる日も時々あるでしょう。

そんな時は5~10分程度で速攻シャワーも良いですよ。

気分転換や仕事終わりのシャワータイムがなくなるので、自由な時間が手に入り時間の節約になります。

しかし、あまり長い時間シャワーを浴びるとサボりがばれる危険があるため5~10分くらいでササっと済ませましょう。

上手なサボり方⑤:いっそのこと仮眠をとる

仕事中に寝る。これがある意味究極のサボリといっても過言ではないでしょう。

現代人は寝不足の人も多いです。残業や人との交流、趣味の時間と知らないうちに疲れがたまっているものです。

睡眠は心身ともに回復するためにはも最も手軽で簡単な方法です。

仕事が一区切りついた時や集中が続かない時は5分程度仮眠すると、集中力が爆上げされますよ。

上手なサボリをする上で一番大切なこと

ここまで上手なサボリ方について紹介しましたが、大前提に言えることが1つあります。

それは、「必ず成果を出してから」サボることです。

普段から成果を出していれば万が一サボりがばれても、お咎めなしになる可能性もあります。

(もちろん怒られることには変わりありませんが・・・)

仕事をやりたくない、何もしたくない気持ちはとてもわかります。

でも、やるべきことをやらずにサボるのは絶対にNGです。

ばれた時に大目玉を食らうはもちろん、あなた自身のスキルが付かず、未来の自分を苦しめます。

さいごに:サボること自体は悪いことではないと思う

今回は在宅勤務中の上手なサボリ方について紹介しました。

サボリというとイメージが悪いですが、大切な息抜きの時間です。

一生懸命にやりきった後の隙間休憩って何だか充実感がありますよね。

何事も長続きさせるならメリハリをつければ、モチベーションの持続に繋がるのではないでしょうか。もちろん自己責任ですが(笑)

タイトルとURLをコピーしました