居続ける必要なし!辞めて良い会社の特徴6選|思考停止して会社に居続けてませんか?

仕事

働き方が大きく変化しつつある昨今ですが、未だに古い社風や文化で悪い意味で変わらない会社も少なからず存在していますよね。

日本は特に1つの会社に長く居続けることが美徳とされている風潮は根強いです。しかし、長く居続ければ正義とも限りません。

今後仕事についてAIに奪われるとも言われている中で古いだけで成長できない会社に居続けるほうが危険なこともあります。

そこで、居続ける必要のなし!会社の特徴6選を紹介します。これを読むことで今の会社の将来性を確認しキャリアプランのヒントに使いましょう。

辞めて良い会社の特徴6選

辞めて良い会社の特徴を6選紹介!

ただ辞める際、転職活動について退職後or働きながらなのか良し悪しあるので気になる方はこちらから確認してみてください。

【経験者が語る】転職活動を始めるタイミングは現職を続けながら?退職後?2つのメリットと1つのデメリットを解説
いざ転職活動を始めたくても、いつのタイミングから始めれば良いのか不安になりますよね。現職を続けながら始めるべきか、退職して時間ができた際にやるべきか。悩むところかと思います。そこで、どちらのタイミングでも転職活動を実施した...

それでは、辞めて良い会社の特徴を見ていきましょう。

特徴①:ハラスメントが当たり前な職場

ハラスメントの種類に問わず、そこにあるのが当たり前な風潮の会社は早々に縁を切った方が良いです。

特に、あなたが既にハラスメントの標的になっているならば、なおさらです。

私のようにパワハラから耐えるだけの生活を続けてしまうとメンタル不調に陥り再起するまでに時間がかかってしまいます。

メンタル不調になるとどうなるかについてはこちらを参考にしてみてください。

【適応障害と3ヶ月以上の休職期間がある私が解説】4段階の心の疲労度別で紹介!休職期間中の過ごし方
適応障害は経験したことがある人ではないと周りから理解してもらうのは難しいですものですよね?今まで真面目に仕事に打ち込んだ人ほど急に休みの時間をもらうと何をして良いか分からないものです。そこで実際に適応障害により3ヶ月以上休...

ハラスメントが横行しているような会社は総じてまともではありません。パワハラ上司のさらに上の監督責任もあります。

会社のために自身の身を犠牲にする時代はとうの昔に終わってます。

特徴②:メンタル不調になるくらい合わない人がいる

どの職場にいても大なり小なり人間関係のトラブルはあるものです。

しかし、ただ合わないだけでなく実際に被害にあっているならば話は変わってきます。

合わない人が意識的なのか無意識なのか関係なく心身が不調に陥るような状況であれば同僚や上司に相談しましょう。

それでも解決しないなら異動願い、それすらも叶わない・解決しないのであれば退職を考えた方が良いでしょう。

本格的にメンタル不調なると転職前後でも大変です。引き際を見誤らないようにしたいですね。

特徴③:残業時間が長すぎるのが常態化している

ワークライフバランスを大切にしているならば年中、残業が多い職場も辞めた方が良いでしょう。

業界や職種柄、繁忙期があることもあるので一時的に忙しい分には仕方のないことだと思います。

しかし、時期に関係なく年中終電まで仕事をしないといけない環境はただただ業務効率が悪い職場の可能性が高いです。

業務効率が悪いのに改善の動きすらないような職場はスキルも身に付く環境ではないし長く居続けるほうが将来の転職でも良い要素ではありません。

毎日終電で残業しないといけないような会社は早めに見切りをつけてしまいましょう。

特徴④:仕事や責任を丸投げして一切協力や共有をしない職場

特に人不足な職場では起こりやすいです。

仕事をほとんど教えていない、自分には分からないけど、あの人なら分かるだろうと何となくで丸投げしてくる人がたまにいませんか?

断らずに毎回受け入れてしまうと、今後もだいたい簡単に丸投げしてきます。

自身も忙しいとさらに残業が増え帰れないことや精神的にも追い詰められてしまいます。

自分の身にならないような雑務や特殊な業務については、自身も忙しいなら断る勇気が必要です。

丸投げする人に限って、情報共有や協力をしないですからね・・・

特徴⑤:社風が全く合わない

あなたは落ち着いた環境や社風を望んでいたとしたらイケイケな環境にいたいと思いますか?

会社的には良かれと思っていること。例えば毎月皆で集まって勉強会や飲み会、その他イベントをする等。

人によっては楽しいと感じるかもしれませんが落ち着いた環境にいたい人にとっては辛い環境だと感じます。

転職先を決める際は、優先順位は業務内容等と比べると低いかもしれませんが、社員旅行の有無やイベントの頻度等も考慮するのが良いでしょう。

ちなみに社員旅行について私の意見をこちらでまとめています。

【魅力を感じない福利厚生】わざわざ社員旅行のある会社に転職はしない方が良いと思う。2つのメリットと5つのデメリット
社員旅行ならタダで旅行行けるって最高では?!と思っている人もいるのではないでしょうか?しかし、タダより高いものはないのも世の常です。会社の人と休みの日まで会わないといけない問題もあります。私のように仕事とプライベートの人間...

あまりに社風が合わず、プライベートが侵害されるのが辛いならば辞めるのも1つの選択です。

特徴⑥:給料が未払い

お金をもらうために働く。この前提が守れない環境で働く意味はないです。

労働力を差し出す代わりに対価として給料が存在します。

この契約が守れない環境にいる意味はよほどのことが無い限りありません。

転職活動もできないくらい忙しい環境なら、ささっと辞めてから仕事を探しましょう。

まとめ

以上が辞めて良い会社の特徴について紹介しました。

今回挙げたのは以下6つ。

  1. ハラスメントが当たり前な職場
  2. メンタル不調になるくらい合わない人がいる
  3. 残業時間が長すぎるのが常態化している
  4. 仕事や責任を丸投げして一切協力や共有をしない職場
  5. 社風が全く合わない
  6. 給料が未払い

少しでも当てはまれば辞める!といわけではなく、今の職場で働き続ける未来が見えるかも大切ですね。

もちろん、体調やメンタルに大きく支障をきたしているなら直ぐにでも辞めた方が良いです。

退職代行を利用すれば最短で当日、翌日には辞めることができます。自分の今の状態と環境に相談しながら無理せずにやっていきましょう。

退職代行を使うのは甘え?メリットや価格相場はどれくらい?退職代行会社5社の特徴や料金を比較!!
退職代行とは会社を辞めたいと思っている労働者に代わりに代行業者が退職の処理をしてくれるサービスのことです。退職代行を使うなんて甘えなんじゃないのか?と思う人も中にはいるかと思います。しかし、半分正解で半分間違いでもあります...
タイトルとURLをコピーしました