転職エージェント利用時の6つ流れを解説!効果的に転職エージェントを活用する方法

仕事

転職活動を行う中で、転職エージェントを利用する方は非常に多いです。

しかし、初めて転職エージェントを使うとなると何をすれば良いか流れが分からなかったり、

漠然と不安があり何となく利用するのが億劫だから自分で求人に応募すれば良いやという方も

いると思います。しかし転職エージェントを利用する際に流れを把握すれば不安を払拭できるはず!

そこで今回は転職エージェントを利用し内定するまでの流れを解説します!

転職エージェント利用時の流れ①:転職エージェントへ申し込み

まずは、利用したい転職エージェントのサイトから登録を行います。

サイトによってやや入力項目に違いはありますが、「名前や住所等の個人情報」、「今までの経歴」、

「今回の転職で希望する条件」を基本的に入力し登録を行います。

入力後は面談に進むため、それまでに自分の口で説明できるように考えをまとめておきましょう。

そのためにも登録時は出来るだけ詳細に情報を入力することをおすすめします。

また、特に転職する上での希望条件は大切です。例えば・・・

  • 働きたい業界や職種(IT業界で働きたいや営業職に挑戦したい等)
  • 譲れない条件(リモートワークが良いや土日祝休みが良い等)
  • その他(〇月頃には新しい職場で働きたい等)

何事も事前準備は大切ですので手を抜かずに登録作業を行うましょう。

転職エージェント利用時の流れ②:面談(キャリアカウンセリング)

転職エージェント利用時の流れ①の申し込み後は、登録時に入力したメールアドレス宛に

「申し込み完了」の旨のメールが届きます。

早ければ、当日~数日で転職エージェント側から連絡がきます。

まずは就職のアドバイザーとの面談日程の案内・設定になりますので面談日程の調整を進めましょう。

面談当日については、今までのあなたの経験や希望条件を再度確認し、求人の紹介や

今後について(キャリアプラン)相談や提案をしてくれます。面談は対面または電話(またはリモート)面談になります。

所要時間としては、各個人にもよりますが、1時間前後程度になります。

転職エージェント利用時の流れ③:求人の紹介や応募前の対策

面談時に求人を紹介してもらえることもありますが、面談後も追加で求人を紹介してもらえます。

転職エージェントが紹介する求人の中では通常の転職サイト等には掲載されないような求人を

紹介してもらえます。(一般掲載すると応募が来すぎてしまう等の経緯から)

また、転職エージェントでは応募書類(履歴書、職務経歴書)の添削や面接のアドバイスを

してくれるサポートやサービスがあります。

転職エージェントを利用するならば、使えるものは使っておくのがおすすめです。

今後のあなたの転職活動にも影響を及ぼす可能性おおいになります。

転職エージェント利用時の流れ④:応募と書類選考

転職エージェントから紹介された求人の中で、「応募してみたい」という求人が見つかったら

企業への応募になります。転職エージェント応募の場合は、転職エージェントに

応募の旨を伝えるだけで大丈夫です。転職エージェントが企業に推薦を送ってくれます。

書類選考に無事合格すれば、面接日程の調整に進みます。

一般の求人からの応募と違い、転職エージェントに希望日程を伝えればやり取りを進めてくれます。

もし、応募したい企業が無い場合は無理して応募する必要はありません。

気を遣って志望度のない企業へ応募しても誰も幸せにならないからです。応募したい企業が

なければ正直に転職エージェントに伝え、意識のすり合わせをしましょう。話し合いを重ねることで

紹介される(あなたの志望意欲が高い)求人の精度が高まります。

転職エージェントに遠慮は無用です!向こうもプロなので安心して意思を伝えましょう。

転職エージェント利用時の流れ⑤:企業との面接

ここまで進められたら、いよいよ企業との面接です。

転職エージェントが事前に日程調整を進めてくれましたが、さらに参加する面接担当の人数や特徴、

面接の内容やながれ、求める人物像等の共有を事前にしてくれることがあります。

どうしても面接に慣れていないことや不安があれば転職エージェントに相談してみましょう。

アドバイスだけでなく面接の練習をすることで少しでも自信をつけることで良い結果に繋げましょう!

転職エージェント利用時の流れ⑥:内定と条件交渉、入社

無事、内定が決まったら、転職エージェントはこれで終わり!という訳ではありません。

面接時に伝えにくいことが多い、年収や待遇について代理で交渉することもできます。

その間に、あなたに現職があるならば退職までのスケジュールや引継ぎ調整、

退職後の手続きについて集中して取り組みましょう。

もし、現職の退職が難しいならば、退職代行について下記でご紹介してますので

参考にしてみてくださいね!

【5社以上転職した私が見た】会社を辞めそうな人の特徴6選と見逃さないために出来ることとは?
会社で日々働いている中である日突然「本日をもって退職することになりました」なんてサプライズ報告を受けた経験はありませんか?私は実際に何度かあります。仲が良かった同僚や尊敬している先輩の退職なら尚更ショックですよね。...

転職エージェントを効果的に活用する方法

①複数の転職エージェントに申し込みをする

1つの転職エージェントに偏り過ぎてしまうと、紹介してもらえる仕事の母数はもちろん、

職種や企業の幅を知らないうちに狭めてしまうかもしれません。

その転職エージェントにはない非公開求人もあるので複数の転職エージェントに申し込みすると良いでしょう。

②総合型と特化型エージェントを利用する

転職エージェントの中には総合型(様々な業界)と特化型(特定の業界や職種)があります。

総合型だから、特化型だからこそ紹介してもらえる求人があることや、転職エージェントの

求人の理解度や専門性等も変わってくるので総合型だけや特化型だけでなく、

幅広く利用するのもおすすめです。

③転職エージェントと会わないと感じたら変更してもらう

転職エージェントは転職のプロではありますが、その前に1人の人間です。

あなたの個人的な相性の合う合わないはあると思います。「この人とは何かやりにくいな」と

思ったら遠慮なく変えてもらいましょう。直接伝える必要はありません。

メールで別の担当(事務局の方など)に伝えれば対応してもらえるので安心です。

【厳選】おすすめの転職エージェント3選!

1.マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム マイナビAGENT

マイナビエージェントは株式会社マイナビの人材紹介サービスになります。

業界や職種に精通したキャリアアドバイザーから転職活動のアドバイスを受けることができます。

特に20代~30代の転職に強く、応募書類の準備から面接対策まで手厚いサポートがあるため、

初めて転職エージェントを利用する方にもおすすめですね。

2.第二新卒AGENTneo

第二新卒AGENTneo 第二新卒AGENTneo

第二新卒エージェントneoはネオキャリアが提供する既卒やフリーター、第二新卒、20代の向けの

無料就職支援サービスになります。未経験OKの正社員求人の紹介などがあるので

これから新しい分野や正社員として挑戦したい方におすすめの転職エージェントになります。

3.IT求人ナビ

未経験でITエンジニアを目指すならIT求人ナビ転職がおすすめです。

IT求人ナビ転職はIT系のエンジニアやWebデザイナーになりたい人向けに特化したエージェント型の転職サービスになります。

数ある転職エージェントの中でおすすめの理由はITエンジニアの支援実績が13年もあり、安定感のあるサポートが特徴です。

対象地域も幅広く、IT業界や技術に精通した転職エージェントが、

求職者に対してキャリアの相談から、企業の提案、条件面交渉などトータルで転職をサポートしてくれます。

転職エージェントの流れについて振り返り

ここまで、読んで頂きありがとうございます。では今回の振り返りをしましょう。

転職エージェント利用時は以下6つの流れになります。

  1. 転職エージェントへ申し込み
  2. 面談(キャリアカウンセリング)
  3. 求人の紹介や応募前の対策
  4. 応募と書類選考
  5. 企業との面接
  6. 内定と条件交渉、入社

転職エージェントを効果的に利用するには以下3つ!

  1. 複数の転職エージェントに申し込みをする
  2. 総合型と特化型エージェントを利用する
  3. 転職エージェントと会わないと感じたら変更してもらう

まとめ

今回は転職エージェント利用時の6つの流れを紹介しました。

何となく転職エージェントを利用するのが億劫だったならば、今回を機に利用してみてください。

あなたの転職活動が上手くいくことを陰ながら応援しています。

タイトルとURLをコピーしました