転職エージェント利用時の6つ流れを解説!効果的に転職エージェントを活用する方法

仕事

転職活動を行う中で、転職エージェントを利用する方は非常に多いです。

しかし、初めて転職エージェントを使うとなると何をすれば良いか分からないことも多いです。

漠然と不安があり何となく利用するのが億劫だから自分で求人に応募すれば良いやという方もいると思います。

しかし転職エージェントを利用する際に流れを把握すれば不安を払拭できるはず!

そこで今回は転職エージェントを利用し内定するまでの流れを紹介していきます。

転職エージェント利用時の流れ

①転職エージェントへ申し込み

まずは、利用したい転職エージェントのサイトから登録を行います。

サイトによってやや入力項目に違いはありますが、「名前や住所等の個人情報」「今までの経歴」「今回の転職で希望する条件」を基本的に入力し登録を行います。

入力後は面談に進むため、それまでに自分の口で説明できるように考えをまとめておきましょう。

そのためにも登録時は出来るだけ詳細に情報を入力しましょう。

また、特に転職する上での希望条件は大切です。例えば・・・

  • 働きたい業界や職種(IT業界で働きたいや営業職に挑戦したい等)
  • 譲れない条件(リモートワークが良いや土日祝休みが良い等)
  • その他(〇月頃には新しい職場で働きたい等)

何事も事前準備は大切ですので手を抜かずに登録作業を行うましょう。

②面談(キャリアカウンセリング)

転職エージェント利用時の流れ①の申し込み後は、登録時に入力したメールアドレス宛に「申し込み完了」の旨のメールが届きます。

早ければ、当日~数日で転職エージェント側から連絡がきます。

まずは就職のアドバイザーとの面談日程の案内・設定になります。日程調整を進めましょう。

面談は今までのあなたの経験や希望条件を再度確認し、求人の紹介や今後について提案をしてくれます。

面談方法は対面または電話(またはリモート)が可能なところも多いです。

③求人の紹介や応募前の対策

面談時に求人を紹介してもらえることもありますが、面談後も追加で求人を紹介してもらえます。

転職エージェントが紹介する求人の中では通常の転職サイト等には掲載されないような求人を紹介してもらえることもあります。

また、応募書類の添削や面接のアドバイスをしてくれるサポートがある場合は積極的に利用しましょう。

転職エージェントを利用するならば、使えるものは使ってしまいましょう!

④応募と書類選考

転職エージェントから紹介された求人の中で、「応募してみたい」という求人が見つかったら次は企業への応募になります。

転職エージェント応募の場合は、応募の旨を伝えるだけでOKです。

その後、転職エージェントが企業に推薦を送ってくれます。

書類選考に合格すれば、面接日程の調整に進みます。

自分から求人サイトへの応募する場合と違い、転職エージェントに希望日程を伝えればやり取りを進めてくれるので忙しい人にも安心ですね。

⑤企業との面接

ここまで進められたら、いよいよ企業との面接です。

転職エージェントが事前に日程調整を進めてくれましたが、さらに参加する面接担当の人数や特徴、面接の内容やながれ、求める人物像等の共有を事前にしてくれることがあります。

どうしても不安があれば転職エージェントに相談してみましょう。

アドバイスだけでなく面接の練習をすることで少しでも自信をつけることで良い結果に繋げていきましょう!

⑥内定と条件交渉、入社

無事、内定が決まったら、転職エージェントはこれで終わり!という訳ではありません。

面接時に伝えにくいことが多い、年収や待遇について代理で交渉することもできます。

あなたが就業中であるあるならば退職までのスケジュールや引継ぎ調整、退職後の手続きについて集中して取り組みましょう。

転職エージェントを効果的に活用する方法

①複数の転職エージェントに申し込みをする

1つの転職エージェントに偏り過ぎてしまうと、紹介してもらえる仕事の母数は複数エージェントを利用するより少なくなります。

職種や企業の幅を知らないうちに狭めてしまうかもしれません。

その転職エージェントにはない非公開求人もあるので複数の転職エージェントに申し込みすると良いでしょう。

②総合型と特化型エージェントを利用する

転職エージェントの中には総合型(様々な業界)と特化型(特定の業界や職種)があります。

総合型・特化型だからこそ紹介してもらえる求人があります。

エージェントの求人の理解度も変わってくるので総合型だけや特化型だけでなく、幅広く利用しましょう。

③転職エージェントと会わないと感じたら変更してもらう

転職エージェントは転職のプロではありますが、その前に1人の人間です。

あなたと相性が合わないエージェントが担当の可能性もゼロではありません。

「この人とは何かやりにくいな」と思ったら遠慮なく変えてもらいましょう。

直接伝える必要はありません。メールで別の担当(事務局の方など)に伝えれば大丈夫ですよ。

転職エージェントの流れについて振り返り

ここまで、読んで頂きありがとうございます。では今回の振り返りをしましょう。

転職エージェント利用時は以下6つの流れになります。

  1. 転職エージェントへ申し込み
  2. 面談(キャリアカウンセリング)
  3. 求人の紹介や応募前の対策
  4. 応募と書類選考
  5. 企業との面接
  6. 内定と条件交渉、入社

転職エージェントを効果的に利用するには以下3つ!

  1. 複数の転職エージェントに申し込みをする
  2. 総合型と特化型エージェントを利用する
  3. 転職エージェントと会わないと感じたら変更してもらう

上手に転職エージェントを利用し転職活動を成功させましょう!

まとめ

今回は転職エージェント利用時の6つの流れを紹介しました。

何となく転職エージェントを利用するのが億劫だったならば、今回を機に利用してみてください。

あなたの転職活動が上手くいくことを陰ながら応援しています。

タイトルとURLをコピーしました