【経験者が語る】転職活動を始めるタイミングは現職を続けながら?退職後?2つのメリットと1つのデメリットを解説

仕事
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いざ転職活動を始めたくても、いつのタイミングから始めれば良いのか不安になりますよね。

現職を続けながら始めるべきか、退職して時間ができた際にやるべきか。悩むところかと思います。

そこで、どちらのタイミングでも転職活動を実施した経験のある私が転職活動を始めた方が良いタイミングと始める際にやるべきことについて解説します。

これを読んだあなたは、最適なタイミングで転職活動をスタートできるはずですよ!

転職活動のタイミングは現職を続けながらが良い

結論から入ると、可能であれば現職を続けながら転職活動をした方が良いです。

「可能であれば」という条件付きですが、現職を続けながら転職活動をするメリットとででデメリットについて解説します。

現職を続けながら転職活動をするメリットとデメリット

メリット

☆経済的余裕

これが私が感じる1番のメリットでした。仕事を退職すれば、当然収入が途絶えます。

しかし、現職を続けながらの転職活動であれば、転職活動に充てる時間は減り長期戦になりやすいですが、資金を維持したまま安全に転職活動に進めることができます。

転職活動は意外とお金がかかります。履歴書の購入やスーツ・靴や鞄の新調、交通費等WEB面接が増えた昨今ですが、それでもまだ対面の面接もあります。

何度も電車やバスを利用すれば侮れない額になります。

ビジネスバッグ メンズ 軽量 リクルートバッグ メンズ 就活 バッグ ビジネス 仕事 男性 メンズ・父の日・プレゼント(かばん/2way/ショルダー/ショルダーバッグ/カバン/就職活動/カバン)

価格:5,390円
(2021/5/9 10:52時点)
感想(5件)

☆精神的余裕

経済的余裕につながってくる所ですが、想像してみてください。

仕事を辞めてこれから転職活動を開始。家賃や光熱費は何もしていなくても一定の料金が発生します。

徐々に減っていく貯金、決まらない新しい就職先・・・あなたは冷静でい続けられますか?

一刻も早く就職先を決めたい故に、焦って就職先を決めてしまうリスクが高まります。

その結果、職場とのミスマッチによりまた退職そして転職活動・・・負のスパイラルです。

現職を続け、生活の質を維持することで精神的に安定(冷静)に転職活動が行えます。

デメリット

★辞めたい職場にい続けないといけない苦痛

勿論、良いことばかりではありません。出勤が可能な状態ならばの話です。

現職について出勤するだけでも苦痛でたまらないような職場であればあるほど、辛いものがあります。

元々職場に大なり小なり不安があるからこそ転職活動をするものですからね。

収入源を確保できますが、出社し続けたせいで体調やメンタルに不調をきたしてしまうならば現職を続けるべきではありません。

転職すると決めたらまずやること

①転職活動終了までの計画を決める

闇雲に転職活動をしても、方針やモチベーションの維持が非常に難しいです。

途中で自信のやりたいことが分からなくなってしまったり、転職活動自体を辞めてしまい現状に流されてしまいます。

いつまでに転職する!や達成したら新しくスーツを新調する等決めておくと良いでしょう。

②挑戦したい業種・職種を絞る

今までの経験を活かしてより良い条件の会社を探す、または新しい業種や職種で1から成長したい等のどんな仕事がしたいのかを絞りましょう。

例えば今まで販売の仕事だったけど、手に職をつけるためにプログラマーになりたい等ですね。

将来成長する業種や自身のやりたいことがマッチングするならば畑を変えることは悪いことではありません。

③転職エージェントへ登録する

通常の応募媒体に登録するのも良いですが、同時に転職エージェントへも登録しておきましょう。

プロのアドバイスや転職エージェント限定掲載されている求人があるからです。

情報の幅を広げてあなたに合う職場に出会う可能性を少しでも上げましょう!

もし、転職エージェントへの登録が初めてならば、ながれについてこちらにまとめているので参考にしてみてくださいね。

転職エージェント利用時の6つ流れを解説!効果的に転職エージェントを活用する方法
転職活動を行う中で、転職エージェントを利用する方は非常に多いです。しかし、初めて転職エージェントを使うとなると何をすれば良いか流れが分からなかったり、漠然と不安があり何となく利用するのが億劫だから自分で求人に応募すれば良い...

④目標時期までに転職できなさそうであれば計画を見直す

転職活動のスケジュールを立てていても、思い通りになるとは限りません。

自信の締め切り(転職成功の)目途が近づいても転職が難しそうであれば原因を突き止め、改めて計画を練り直しましょう。

書類選考が通らないのであれば、応募書類の内容の見直しを。面接で上手く話せないのであれば、

インターネットで調べたり、転職エージェントにアドバイスや練習に付き合ってもらう等の対策があります。

まとめ

今回は転職活動をするタイミングについてまとめました。特に現職に不満があれば1日でも早く辞めたくなりますよね。

しかし、転職のタイミングとしては辞めてからより可能であれば現職を続けながら転職活動することをお勧めします。

メリットは

  • 経済的余裕
  • 精神的余裕

デメリットは

★辞めたい職場にい続けないといけない苦痛

転職すると決めたならば下記4つはやっておきましょう

  • 転職活動終了までの計画を決める
  • 挑戦したい業種・職種を絞る
  • 転職エージェントへ登録する
  • 目標時期までに転職できなさそうであれば計画を見直す

転職はあなたの人生の大きな分岐点の1つです。実施するタイミングも非常に重要になってきます。

あなたにとって正しいタイミングで転職活動をして、豊かな人生になることを陰ながら応援しています。

タイトルとURLをコピーしました