【未経験転職】接客業に疲れた人向け|未経験でもOK!|接客業以外の職種6選

仕事

接客業のやりがいは目の前のお客さんに喜んでもらえたり、役に立てている実感を持てる仕事です。

やりがいのある仕事の1つとも言えます。

その反面として給料が安かったり、営業成績を気にしたり、クレーム対応が大変と人と関わることが嫌になる可能性もあります。

私も過去に接客業に疲れたことや他にやりたいことがあり転職経験があります。

そんな接客業に疲れてしまった人に未経験でも目指すことが可能な職種について今回は6種類を紹介します。

これを読むことであなたのこの先のキャリアプランを考える上での材料にしてくだいね。

接客業に疲れてませんか?

接客業はやりがいがある反面、肉体・精神的に消耗が激しい職種でもあります。

「人と関わるのに疲れた。休みは誰とも会いたくない」なんてことも1度はあるのではないでしょうか?

接客に疲れた、他の仕事にチャレンジしたいけど他の職種は未経験だし・・・

そんな人へこれから未経験でも挑戦可能な仕事6選を紹介します!

未経験OKの職種6選

営業

接客業に疲れたけど、今までの経験を活かしたい人、または人と関わる仕事はしたい人については営業職が良いでしょう。

営業も一般のお客さんではなく、いわゆるToB(企業相手)であれば感覚は変わります。

対応は大変なやばい人との遭遇率はグッと下がります。お互い企業の顔として商談しますからね。

接客業で身に着けた振る舞いや話し方のノウハウに活かしやすいですし、転職できる確率も全くの未経験と比べれば有利になりやすいです。

総務、人事

総務や人事、俗に言うバックオフィスのポジションです。

職務内容上、社内外を通して色々な人と関わる機会が多いですが相手は業者や人事であれば応募者との対応です。

そのため接客業と違い、こちらもToB相手が多いのでトラブルも比較的少ないです。

特にバックオフィス系は社内の相談窓口的な役割も兼ねているので柔らかい印象(話しやすい)タイプの人が向いています。

強面の総務や人事の人だと相談しにくいですしね(笑)

未経験で人事を目指すには?についての記事はこちらでまとめています。

【HSP×人事】HSPと人事職は相性は良いか?未経験でも人事になれる方法を3種類を紹介します
HSP(Highly Sensitive Person)は一言で表すと、繊細な人のことを指します。音や視覚が敏感だったり、相手の気持ちが何となく分かってしまう。故に現代のストレス社会では様々な苦労しますよねどんな仕...

一般事務、営業事務

そもそも人と話す機会を少しでも多く減らしたい!そんな人には事務職が良いでしょう。

事務職も企業によっては社内の関りが多いところもありますが社外の人と関わる機会は比較的少ない傾向にあります。

来客対応くらいでしょうか?外部の人と関わりたくない、コツコツ作業したい人には事務職が良いでしょう。

もちろん企業によって人との距離感や関わる頻度は違うので面接等で見極めは必要です。

プログラマー(IT系)

対面での人の関りを少なく、そして手に職をつけて働きたい人はプログラマー(IT業界)が良いでしょう。

現在でリモートワーク(在宅勤務)の働き方が特に進んでいる業界なので対面での接触は避けられます。

また社内ミーティングやクライアントとの打ち合わせ以外は黙々と作業することが多いので日によってはほとんど誰とも会話せずに仕事することも可能です。

それなりの経験を積めばフリーランスとして働く道もあるので、選択肢の1つとして良いでしょう。

今、IT系のエンジニアに興味があるならば、こちらでエンジニアの種類や業務内容について確認できます。

【未経験でITエンジニアを目指す人へ】ITエンジニアの種類と仕事内容は?|IT企業の人事担当が解説します!
今の手作業で行っている仕事は将来、機械が取って代わるとも言われている昨今。あなたの仕事がもしかしたら、将来機会に奪われるかもしれません・・・今はAI等でIT業界は波に乗っている時代です。興味はあるけどITエンジニア...

清掃員

人と話す機会の少ない仕事の1つとしては清掃員が挙げられます。

仕事の進め方によっては複数人ど取り掛かることもありますが、基本的には作業中は話すことはほぼないので黙々と仕事ができるでしょう。

商業施設の清掃ならば夏の暑い日や冬の寒い日からも身を守りながら働くことができますね。

しかし、給料については業界の特性上、低めなことが多いので高い給料も欲しいとなるとミスマッチとなる可能性が高いので注意です。

ドライバー(バス、トラック、タクシー等)

ドライバーも乗り物によって人と関わる機会にやや差がありますが、接客業と比べればかなり頻度は減るでしょう。

特に長距離トラックのドライバーは一人の時間が非常に多いので運転が好きな人なら相性も良いでしょう。

しかし、ドライバー全体として体力が必要な仕事が多いです。深夜の運転があるものもあるので下調べはしっかり行いましょう。

ドライバーも種類によって給料に差がありますが、体力的にしんどくて高い給料か、そこまでハードではないけど給料が低めなパターンが多い傾向です。

自身の体力と相談しながら(深夜勤務やシフトでも平気か等)決めましょう。

まとめ

今回は接客に疲れた人向けの未経験でも挑戦可能な職種6選について紹介しました。

  1. 営業
  2. 総務・人事
  3. 一般事務・営業事務
  4. プログラマー
  5. 清掃員
  6. ドライバー

注意なのが人と関わらない仕事=楽な仕事ではありません。接客業では味わうことがなかった大変さもあります。

あなたが興味のある仕事があればぜひ、転職エージェントに相談したり、求人に応募したりしてから実際に面接で話を聞いてみましょう。

転職エージェント利用時の6つ流れを解説!効果的に転職エージェントを活用する方法
転職活動を行う中で、転職エージェントを利用する方は非常に多いです。しかし、初めて転職エージェントを使うとなると何をすれば良いか分からないことも多いです。漠然と不安があり何となく利用するのが億劫だから自分で求人に応募すれば良...
タイトルとURLをコピーしました