正直、関わりたくない苦手な同僚のタイプ5選と付き合い方|毎日平和に過ごしたいあなたへ

仕事

会社に所属すると避けて通れないのが人間関係のトラブルですよね?

自身に害がなければ良いですが、実害を受けているとなると出社することや仕事内容に不満が無かったとしても会社を辞める原因になりかねません。

そこで5回以上の転職経験のある私が過去にであった困った苦手な同僚との当時の付き合い方について紹介します。

これを読んで苦手な同僚との適切な付き合い方や距離感を把握し出来るだけ平和に仕事ができるようにしましょう!

苦手な同僚のタイプ5選

①悪い人ではないけど性格が合わない同僚

特別何か嫌なことをされた、言われたわけではないけど、あまり関わりたくないなと思うタイプの同僚ですね。

話していて違和感や何か嫌な感じがする場合は単純に考え方や性格がやや不快な気分になるくらい合わないパターンでしょう。

シンプルに性格の不一致なので実害も少ないけど対策も取りにくいある意味一番辛いタイプとも言えます。

②必要以上に関わろうとする同僚

個人的にそこまで仲良くないのに、やたら距離感が近いタイプです。

やたら飲み会に誘ってきたり、休みの日何してるかを聞いてきたり、休みの日に遊びに誘ってくる等とにかく面倒です。

お互いに仲が良ければ問題ありませんが、一方的に好かれていたり相手が勝手によかれと思って誘ってくるため、悪気がないのがたちが悪い。

私の好きなことが相手も好きと考えてしまうタイプの方が多い傾向です。

③いちいちマウントを取る同僚

承認欲求やプライドが高い人に多い傾向の人ですね。他人を下に見ることで安心できるかわいそうなタイプ。

どんな仕事を任されているのか等の仕事面や恋人はいるのか、休みの日は充実して過ごせているか等、きりがないですね。

自分の方が優秀、充実している人間だと思いたいが故にそんなことをしてしまうようです。

同じ会社に所属している時点で、そこまで大差はないと思いますが、だからこそ自分の方が勝ってる?と実感したいのかもしれませんね。

④仕事を丸投げしてくる同僚

自分にとって管轄外の仕事を急に投げてくる(なんの相談もなく)同僚には困りますよね。

丸投げしてくる人に限って、相談やタスクの情報共有をしないので完全にキラーパスと化します。

おそらく本人もちゃんと理解していないのでしょう。しっかり質問すると曖昧な答えが返ってくるばかりで何も進展しません。

挙句の果てに逆切れする始末。タチが悪いです。丸投げタイプの同僚はとにかく断ることが大切。

⑤過剰ないじりやハラスメントをする同僚

マウントを取る同僚に近いかもしれません。自分を上げるよりは「相手を下げて自分を上に見せたい」タイプですね。

努力はしないけど上の立場になりたいという心理や相手に見下されていることから、過剰ないじりやハラスメントをしてくるのでしょう。

そんなことしても信頼が落ちるのと心が虚しいだけだと思いますが・・・

プライドばかり高い人なので基本的に近づかないのが一番です。

苦手な同僚との付き合い方

上記、苦手な同僚のタイプについて挙げましたが共通して言えることは極力関りを持たないことです。

しかし、仕事でどうしても関わらないといけないときもありますよね。

必要最低限の会話で雑談の回避(忙しいので等と伝え離れる)が大切です。

面倒を押し付けられたなら、よほどのことが無い限り断りましょう。YESマン認定されると今後も図々しく頼んでくるので。

どうしても断りにくいなら一部だけ引き受けられる等、丸々は引き受けないスタンスを貫きましょう。

最悪、嫌われてどうしようもなくなったら辞めてやるくらいの気持ちでいた方が精神衛生上、良いです。

まとめ

今回は苦手な同僚のタイプとその付き合い方について紹介しました。

世の中には本当に色々なタイプの人がいます。大変だったりすることが多く、得るものも失うものも多いです。

でも、あなた自身を支えてくれる人間関係もあります。見極めと適切な距離感を意識しながら過ごせるように日々気を付けたいですね。

タイトルとURLをコピーしました