【面接担当者がぶっちゃける】面接中にOKな人、NGな人で面接官の態度や反応がこんな感じで違うよという話

仕事

新卒でも中途採用でも避けては通れない「面接」って苦手じゃないですか?

私も面接官の経験がありますが面接を受けるのは今でも苦手です。あの品定めされている感じがとても苦手です。

そんな中で、実際に面接経験があるからこそ分かる!面接官の面接結果の合否反応について解説!

これを読めば面接後のあなたの結果について予想が立てやすくなり面接結果の心配を減らすことができるでしょう。

面接合格時に多い面接官の態度や反応

①話を深堀する

面接官が応募者に興味のある行動の1つとして、話を深堀することが多いです。

あなたに関心があるからこそ、もっとあなたの情報が欲しいということです。

話があなたの経歴や転職関連の内容で色々な質問があれば、あなたに関心があり受け答えがしっかりできれば合格率は上がります。

しかし、雑談で盛り上がり続けたり、面接官からして的を射ていない受け答えの場合は不合格になることが多いです。

②会社とあなたの合うところについて話してくれる

あなたの経歴やキャリプランについて話した後、「あなたの経験や考え方は当社の○○に合っている」等言われたならば合格する例が多いです。

あなたの経験や考えは当社に合っていると言われているようなものです。

さらにあなたの経歴について追加で質問があれば興味関心が高い証拠なので合格率も高いと言えるでしょう。

③選考フローについて詳細を教えてくれる

面接終盤で次回以降の面接について詳細を教えてくれる面接もあります。

その際に選考フローの詳細(〇次面接までやる、各面接の担当者について)まで教えてくれるならば、その面接に合格している確率は高いです。

面接の合否というのは面接時に決まっていることが多いので、次回面接も合格して欲しいから教えてくれるのです。

もちろん、デフォルトとして教えてくれる例もありますが結果がNGな人に次回以降の詳細を伝えるのは面倒なので簡単にしか伝えません。

④面接時間が時間いっぱい、または少しオーバー気味で終了する

上記①~③の状態で話しが盛り上がり所要時間ギリギリや少しオーバーするくらいならば、合格している可能性は高いです。

あなたに興味があり深堀した質問や次回以降の面接について詳細を伝えていれば、かなり時間がかかります。

転職やあなたの経歴について話が盛り上がり、面接官は親和性が高いと感じていることが多いため結果については期待できるでしょう。

面接結果がNGになることが多い面接官の反応

①面接時間がものすごく短い

面接前のやりとりで30分~1時間の所要時間と言われていたのに実際は15分くらいで終わった。

そんな時は不合格のパターンが多いです。あなたの経歴を実際に聞いてミスマッチと判断されているからです。

時々、考慮する必要ないくらい良い人材と判断され次回面接へ即案内が来るパターンもありますが稀な例です。

基本的に合格の望みは薄いことの方が多いです。

②経歴やスキルについてほとんど聞かれない

あなたの経歴についてほとんど質問がないのも不合格の面接には多い例です。

これから仲間になるかもしれない人の経歴を聞かないのは、面接としてはありえないと思いませんか?

むしろ面接合格したら危ないとも言えます。あなたじゃなくても誰でも良いと判断している(ブラック企業)の可能性が高いからです。

経歴やスキルについて深堀されない場合は、基本的には諦めた方が賢明でしょう。

③応募者が質問した内容について回答がシンプル過ぎる

面接の最後の逆質問の際の面接官からの反応からも温度感を図ることができます。

良い人材と判断されていれば、できるだけ丁寧に質問に答えようという考えになることが多いです。

かし、わりと詳しい質問をしても一言二言で簡単に返答されるようだと、あなたに対しての温度感はあまり良いイメージは持ってない可能性が高いです。

中には露骨に適当な態度を取る面接官もいるのであきらめた方が良いでしょう。

むしろ会社の顔とも言える面接官がそのような様子では入社しなくて良かったと思い次に切り替えてしまいましょう。

④そもそも態度がそっけない場合もある

時々、面接序盤から態度が横柄・そっけない面接官もいます。

もはやなぜ書類選考を通したのかと思うレベルのパターンもあります。その際はもはや合格はかなり難しいです。

しかし、そんな会社は総じてろくでもない会社が多いので、ブラック企業の入社が回避できて良かったと思い気持ちを切り替えていきましょう。

むしろ、やばい会社だと教えてくれてありがとうと思いながら忘れてしまいましょうね(笑)

【その会社ブラック企業かも?】面接中に選考を辞退をしようと感じたやばい会社の特徴5選
就職活動で面接に参加すると「この会社大丈夫かな?」と思うような会社に遭遇したことはありませんか?ブラック企業の面接は巧妙に悪い点を隠している会社もあるので判断するのが難しいです。しかし、必死に隠そうとするほどボロが出ます。...

面接に合格するには

①企業の下調べをする

面接に合格したいならば、まず企業の情報を集めるところからです。求人だけでは正直足りません。

企業のホームページ(事業内容や社長のコメント、経営理念など)、またリクルート部分のページもチェックしておきましょう。

さらに口コミサイトで書かれている共通項目を見つけることも大切です。別の人物達から同じ内容の口コミは私怨ではなく事実の可能性が高いからです。

可能であれば知り合いでその会社の社員から話が聞ければベストですが、そんなコネがあるパターンはほぼ無いのでネットからだけでも十分情報は仕入れることは可能です。

【企業研究】転職の口コミサイトの見方|超重要な項目3選|転職検討している会社がブラック企業かを見極めよう!
企業研究をするときに口コミサイトを良く利用しますよね。口コミサイトは外部からでは分からない内部情報が確認できる数少ない手段の1つです。しかし、どこをチェックすれば良いか分からなかったり、何が正しい情報なのか混乱しますよね?...

②面接当日の準備はしっかり把握する

乗る電車のルートや持ち物で忘れ物がないかもそうですが、最近はWeb面接も増えてきました。

PCやカメラが問題なく動くか等Web面接だからこそのトラブルもあるので事前に動作確認は行っておきましょう。

Aのアプリは問題なく動くけどBアプリだと上手く起動しないなんてこともありますので。

③自分の経歴について語れるようにする

面接が始まると多いのは、あなたの経歴について話すことです。

経歴を聞かれない面接はほぼないので、しっかり自分の口で伝えられるようにしておきましょう。

緊張していると早口になったりすることが多いので普段の0.75倍速くらいで話すイメージで伝えると丁度よい速さになるでしょう。

分かりやすく端的に話せるよう練習しておきましょうね。

④面接官に「意味のある」質問をする、質問から会話につなげると尚良い

面接の終盤になることが多い、応募者から面接官への逆質問も合否を分ける大切な時間です。

求人に書いてある質問や担当者の管轄外(人事に現場の業務内容の詳細について聞く等)の質問は控えましょう。

担当者が答えられる範囲の質問で求人やホームページからでは分からない質問がベストです。

また面接中で気になったことを振り返って質問するのも印象が良いです。(しっかり聞いているアピール)

面接官に「意味のある」質問をして会話を広げ有意義な時間になるように意識していきましょう。

まとめ

今回は面接に合格できる人NGになる人について紹介しました。

面接結果は基本的に面接中に決まっていることも少なくありません。しっかりと準備をして本番に臨みましょう。

しかし、面接官との人間的な相性もあるので合わない場合はたまたま運がなかったと割り切って次へ気持ちを切り替えましょう。

会社なんて世の中にごまんとあるのですから。

タイトルとURLをコピーしました