真面目に働くことは無駄だったのか。諦めたらむしろ働きやすくなった話!真面目に働くのが無駄な理由4つ

仕事

まだまだ日本は特に真面目に働き続けることが美徳の文化が根強いですよね。しかしそれらを悪用した残業の未払いや、やりがい搾取等も存在します。

また限界を超えて真面目には働き続けると様々な問題が発生します。私も過去に限界を超えるほど真面目に働き過ぎてしまったが故にひどい目に合いました。

そこで今回は真面目には働くことは無駄なのかについて解説。

今の自分の働き方に疑問を持っている方はこれを読んで今後あなたの幸せについて考えるきっかけになりますので読み進めてみてくださいね。

真面目に働くのは無駄!?

真面目に働くことは、働く上でもの凄く大切なことと思ってしまいがちですが、実際はそこまでのことではないと働きながら私は感じました。

そんな風に考えるなんて社会人失格だと声が上がりそうですが、私は気にすることを辞めました。

なぜ、真面目に働くことが無駄と感じるのか?これからその理由4つについて紹介します。

真面目に働くのが無駄な理由4つ

理由:必要以上に体力が減る

とにかく疲れます。仕事をしている以上は疲れるのは当然のことです。しかし、ここで言う疲れは限界を超えた疲れのことを指します。

真面目に働き過ぎる人は、自分の限界キャパ(許容量)が把握できていないことが多いです。

これくらいで疲れているようでは私はまだまだ・・・そんなことを頻繁に思っているなら要注意です。

「まだ大丈夫」は大丈夫ではないサインです。

空腹の人が食事の1口食べた後に「まだ食べられる」とは思いませんよね?

満腹直前の状態で食べた時に思うことではないでしょうか?それと同様です。

理由:メンタルがゴリゴリ削られる

体力も削られますが、やっかいなのがメンタルにも疲れが現れます。

メンタルの疲れは体力的な疲れよりも自覚しにくいものです。さらに一度崩れてしまうと再起するのにとても時間がかかります。

私も一度適応障害でメンタルが半壊してしまい、元の状態に近づくだけでも半年以上かかりました。

まだ再起するのは早い方です。時間のかかる方は年単位ですし、最悪の場合、一生メンタルの病と付き合わなければならなくなります。

そうならないためには、日々自分の本音の声に耳を傾けることです。

私も一度メンタルが原因で退職していますが、今は普通に仕事ができています。本当にやばいと思ったり、前述の「まだ大丈夫」が頻繁に出てきたら逃げましょう。

人生はいくらでもやり直せます。仮に今メンタル不調で悩まれているならば下記を参考にしてくださいね。

【適応障害と3ヶ月以上の休職期間がある私が解説】4段階の心の疲労度別で紹介!休職期間中の過ごし方
適応障害は経験したことがある人ではないと周りから理解してもらうのは難しいですものですよね?今まで真面目に仕事に打ち込んだ人ほど急に休みの時間をもらうと何をして良いか分からないものです。そこで実際に適応障害により3ヶ月以上休...

理由:頑張った量に対して、報われないことが多い

努力は裏切らないと言われますが、奴は平気で裏切ります(笑)

頑張って無茶な課題を達成したのに手柄を横取りされる、まるで当たり前・出来て当然かのように扱われる。

特に会社員で働いているとそんな場面も少なからずあるのではないでしょうか?

夜遅くまで働いて普通に考えれば終わらない資料を完成さえ、明日もいつもと変わらない時間どころか早出させられる・・・

最悪、残業代も支給されない・・何のために生きているのでしょうね?私にもそんな時期がありました。

それならば仕事量をセーブして少しでも早く帰って休みましょう。それができない職場ならば辞めてしまいましょう。組織として破綻しています。

でもそんな会社に限って辞めさせてもらえないのも現実。でも世の中には退職代行もあります。

退職代行について利用の流れや具体的にどんな業者があるのか比較紹介してます。興味があれば参考にしてみてください。

退職代行を使うのは甘え?メリットや価格相場はどれくらい?退職代行会社5社の特徴や料金を比較!!
退職代行とは会社を辞めたいと思っている労働者に代わりに代行業者が退職の処理をしてくれるサービスのことです。退職代行を使うなんて甘えなんじゃないのか?と思う人も中にはいるかと思います。しかし、半分正解で半分間違いでもあります...

理由:他の人は、あなたが思うほど真面目に働いていない

ひたすら真面目に働き続けるのが当然だと思っていた私にとってこれが1番衝撃でした。

他の先輩の普段の業務について聞いていると皆、サボってました。でも仕事はそこそここなしていました。

ただがむしゃらに働くことが全てじゃないんだな、それでも会社は回るんだなと本当の意味で実感しました。

自分のキャパと相談しながら要領よく働くことが、真面目に働くということではないだろうかという結論に至りました。

他人の仕事の様子はメンターでもない限り、じっくり見る機会は少ないし、ましてや自分が新人の場合はさらに気が付くことが難しいです。

結果を出すことも大切かもしれませんが「無理なく続けること」が1番大切なのではないでしょうか?

今後の働き方について

限界を超えて真面目の働き続けることが正解ではないと知ってからは、頑なに続けていた正社員へのこだわりを捨てました。

現在は、時間や責任にゆとりのある派遣社員をしながら、副業をしつつ今後の将来を考えています。

男性でも派遣社員は意外とやっていけます。私はブラック企業時代よりも待遇や稼ぎが良くなりました。

派遣で働くならサービスやサポートが安心できるテンプスタッフのような大手が良いですよ。

もちろんメリットとデメリットはありますので調べてから行動することをおすすめします。

私の体験をこちらでもまとめています。

【20~30代男性必見】男性が派遣社員として働く5つのメリットと3つのでデメリットについて現役の男性派遣社員が自身の正社員時代と比較しながら解説
派遣社員と言えば女性しかいないようなイメージがあったりしませんか?男性だと門前払いされそう、仕事を紹介してもらえなさそう等の不安もあるかと思います。しかし、正しくメリットとデメリットを理解すれば、男性でも十分に派遣社員とし...

こだわることも大切ですが、まずは生き続けるのが1番です。

あなたの仕事のこだわりは本当に大切なものですか?改めて自分の胸の内に来てみてください。

そのこだわりが本当に必要なものではなく、あなたを苦しめているものならば簡単ではありませんが捨てるようにしてください。

そうすることで生き続けるハードルが少し楽になります。生きるって結構大変ですからね。

まとめ

今回は真面目に働くことは無駄なのかについて解説しました。

会社で働くのが楽しくてたまらない人には共感が難しいかもしれませんが、私のように会社に苦しめられた経験もある人もいるかと思います。

生きる、生き続けることの大変さを働き始めてから思い知っています。それまで育ててくれた親に感謝です。

今は大変かもしれませんが、いつかはきっと報われる時がくるはずです。

努力すれば報われるとは限りませんが報われるためにはやはり努力が必要です。

でも本当に辛くなったら逃げで大丈夫です。逃げることができればまた再チャレンジできますよ。

タイトルとURLをコピーしました