【派遣社員を検討している人向け】派遣社員の私が思う派遣社員をやっていて良かったこと、困ったこと

仕事

この記事を見に来ていただいたということは派遣社員って興味ある。

だけど今まで派遣社員として働いたことがないから何となく不安・・・

派遣社員経験者も周りにいないしという状況ではありませんか?

私も正社員を辞めて派遣社員デビューしたての頃は「本当に生活できるのかな?」と不安がありました。

もう2~3年派遣社員として勤務していますが現在まで何も問題ありません。

寧ろ給料が増えて生活が以前よりも潤っているくらいです(笑)

今回は派遣社員経験のある私から派遣社員の働き方を検討している人向けに今までの経験(良かったことや困ったこと等)を紹介します。

これを読むことで、今後の就活の方針が決まる!かも?!

①派遣社員という雇用について

派遣社員は正社員(契約社員)やアルバイトとは違い雇用先が異なるのが特徴です。

簡単に言うと、外部から来たお手伝いさん的なポジションです。

具体的に説明すると社員やアルバイトであれば働く場所A所属となりますが、派遣社員の所属はA株式会社ではありません。

派遣社員にとってAはあくまで働く場所(派遣先)であり、所属は別のB(派遣元)になるのが大きな違いです。

②派遣社員になるには?

派遣社員になるには、派遣会社(派遣元)で派遣登録をすれば終了です。

来社やオンラインで派遣登録できます。

簡単なPCテストや担当者からのヒアリングなどがありますが、難しいものではありません。

登録後は派遣元が持っている案件(求人)から応募して派遣元から紹介してもらう→面談→派遣先の確定となります。

派遣は女性のイメージが強いですが、もちろん男性も派遣社員になることができます!(私も男性です)

【20~30代男性必見】男性が派遣社員として働く5つのメリットと3つのでデメリットについて現役の男性派遣社員が自身の正社員時代と比較しながら解説
派遣社員と言えば女性しかいないようなイメージがあったりしませんか?男性だと門前払いされそう、仕事を紹介してもらえなさそう等の不安もあるかと思います。しかし、正しくメリットとデメリットを理解すれば、男性でも十分に派遣社員とし...

③派遣社員になって良かったこと

約3年程度、派遣社員をやってきた中で良かったことベスト3を紹介します。

3位:社内イベントに参加しなくて良い

正社員ならば実質強制参加も多い社内イベント。

派遣社員は所属先異なることや業務外のため強制参加はありません。

私は大勢の集まりやなれ合いが好きではないので個人的に大変助かっています。

よく知らない人が多くいる空間はつらい・・・

もし強制参加させてくる派遣先であれば契約上NGなので派遣元に伝えましょう!

2位:基本定時で帰ることができる

最初の契約時点で残業時間について特に記載がなければ、派遣社員は基本的に残業がない場合が多いです。

残業が発生したとしても10時間程度/月と非常に少ない残業時間で済みます。

早く帰れる=平日の自由時間が多く取れるということ。

ゆっくり時間を過ごしたり、資格の勉強をするなり有意義な時間を確保できます。

正社員時代、100時間/月残業を経験した私からすると派遣社員最大のメリットと感じています。

1位:派遣先で何かトラブルが発生しても派遣元に相談できる

派遣社員として働いていると大小なり派遣先とのトラブルは発生します。

派遣先の社員からハラスメントをされたり、契約外の業務を投げられたりした場合、直雇用の正社員やアルバイトは従う(耐える)しかない場面がほとんどです。

しかし、派遣社員の所属は別(派遣元)のため何かあればすぐに相談し解決に動いてくれます。

もし、そこで動いてくれないどころか話も聞いてくれないような派遣元はオワコンなので早々に辞めて良いと思います。

基本的大手派遣会社であれば対応も丁寧な傾向も強いのでは特に初めての派遣社員ならば大手派遣会社を選びましょう。

④派遣社員になって困ったこと

派遣社員になって困ったこともワースト3形式で紹介します。

3位:派遣先によって社員の対応(態度)が違う

派遣先も残念ながらアタリ・ハズレがあります。

派遣先の社員によっては派遣法のルールを全く把握していない社員や下に見てくる社員もいます。

派遣にキツイ態度を行う残念な人もいますが、派遣社員の所属はあくまで派遣元なので何かあればすぐに派遣元に相談しましょう。

メールや(テレビ)電話で相談できます。どんどん後ろ盾(派遣元)を利用しましょう。

2位:時給制なので体調を崩したり、祝日が多い月は給料が下がる

派遣社員もアルバイトや一部契約社員と同様に時給制になります。

そのため、体調を崩したり祝日が多い月はどうしても給料が減ってしまいます。

いざとなった時、困らないように毎月の収支管理について確認する癖をつければ特に問題はありません。

【20~30代社会人】手取り20万円以下でも100万円貯金できる!貯金が増える習慣6つ
毎日、頑張って働いているはずなのにお金が全然たまらない!なんてことはありませんか?ましてや毎月安定して貯金をするのは意識的に行わなければ相当難しいです。私も今の月給は決して高くありません。しかし、コツコツ意識的に無理なく貯...

実際に派遣社員として働き始めてからお金を細かく管理する癖が身につきました。

職歴が空きそうなときは一度派遣社員を経験するのも1つかもしれません。

1位:仕事(責任)を社員に丸投げや板挟みにされることもある

派遣社員なんて単純作業するだけのポジションでしょ?と思うかもしれません。

しかし、「敢えて」正社員をやらない優秀な人材もいることもあります。

そうすると、本来は正社員がやるべき仕事を優秀な派遣社員に任さ(丸投げさ)れることも少なくありません

責任をそれなりに伴う業務もあるのでさらに上のポジションの上司や現場社員との板挟みにされる可能性もあります。

派遣社員は契約外の業務をやる必要はありませんので、理不尽な状況が発生、続くようなら派遣元に報告し相談しましょう。

そうすれば大抵の問題は解決します。

何度も言いますが、ここで派遣元がまともに対応しないならば別の派遣会社に属して働いたほうが良いでしょう。

⑤派遣社員を検討している人へ

派遣社員を検討している人は正社員に疲れた人や正社員レベルの責任を持ちたくない(もっと気持ちを楽にして働きたい)人も少なくありません。

私も正社員時代のブラックな環境に嫌気がさしたのが、派遣社員になったきっかけでもあります。

将来、上のポジションに立ってドンドン昇進したいならば、派遣社員は正直向いていません。

しかし、一時的に働きながら将来のキャリアプランを考えたり、もう正社員をやることは絶対にない人は時給の良い派遣社員は向いていると思います。

あなたの今後のやりたいことや考えの妨げにならない、役に立つと思うならば派遣社員という働き方は十分に価値があります。

⑥まとめ

今回は派遣社員をやっていて良かったこと、困ったことについて紹介しました。

まだまだ日本は正社員という働き方を「正」としている環境ですが、何もそれが全てではありません。

今の世の中、様々な働き方が存在しているので1つの考えに固執せず、広い視野を持って転職活動することが納得のいく転職活動につながるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました