【その会社ブラック企業かも?】面接中に選考を辞退をしようと感じたやばい会社の特徴5選

仕事

就職活動で面接に参加すると「この会社大丈夫かな?」と思うような会社に遭遇したことはありませんか?

ブラック企業の面接は巧妙に悪い点を隠している会社もあるので判断するのが難しいです。

しかし、必死に隠そうとするほどボロが出ます。何社ものブラック企業を経験した私が面接中に「この会社やばいな」と感じた会社の面接中の特徴について紹介します。

これらの特徴を把握すれば、ブラック企業につかまる可能性をグッと抑えることができるはずです!

ブラック企業の面接は面接中でも判断できる場合がある

ブラック企業は自ら露骨にブラック企業アピールをしてくることはまずありません。

しかし、ブラック企業側にとっての常識が一般常識とかけ離れているにもかかわらず、無意識にブラックな発言を面接中に見られることがあります。

そのため、しっかりと面接官の発言を聞くようにしましょう。ここからは私が面接を受けた中で特に印象に残っているものを5つ紹介します。

ブラック企業の面接の特徴

特徴①:仕事の話はほぼ無く、1発内定をもらう

面接の話す内容で多いのが、あなたの経歴や志望動機、強み等を聞くことが多いです。

理由としては、あなたのスキルや人物像を知り会社に合う人かどうかを見極めるためです。

出来るだけ素のあなたを知るために本格的に面接を始める前に雑談でリラックスしてもらうようにすることはあります。

しかし、面接回数が1回だけで終始雑談だけで終わり、内定となった場合は注意した方が良いです。

あなた個人として内定を出しただけでなく、1労働力として内定を出した可能性が高いです。

それでも入社したい気持ちがあるならば「内定の理由や評価した点」について確認してみると良いでしょう。

特徴②:残業時間や賞与などの条件への質問回答がはっきりしない

働く以上は給料や残業時間、休日日数等は大切なことです。しかし、面接中の質問として聞きづらい質問でもありますよね?

もちろん、条件面についてだけ質問すると面接官の心象は良くないですが、質問すること自体は何も問題はありません。

「今後の生活スタイルについて具体的にイメージをしたいので月の残業時間について教えてください」のように聞けば悪い印象はないはずです。

問題は質問後に不機嫌に答えられたり、はっきり教えてくれなかった場合は注意です。

定時に帰ることに良く思っていない文化や何かしら後ろめたいことがある可能性は高いです。

特徴③:自分のことを良い人のように発言する

面接官が直属の上司になる場合は、特に気を付けて聞いてください。

例えば「私はちょっと怒りっぽいけど」みたいな発言をする人は全然「ちょっと」ではないことが多いです。短気で何人もの部下を辞めさせてるのも珍しくありません。

本人も人が辞めている現実を把握しながら、自分に原因が一切ないと思っているタイプです。

その会社(可能ならば部署)の離職率や離職状況を調べ、人の入れ替わりが激しいならば、選考は辞退した方が無難でしょう。

離職率は全ての会社で見られるわけではないので、転職会議のような口コミサイトを使うのも良いでしょう。

参考までにリンクを貼っておきますね。

転職会議

特に内容が共通している悪い口コミは、何人もの退職した社員が感じている不満の可能性が高いです。

情報不足で転職に失敗し、また転職・・・とならないようチェックしてみましょう。

特徴④:残業代をいただいている発言

過去に受けた面接の話です。内定ならば目の前の面接官が上司になるのですが、その面接官に残業時間について質問した時のことです。

「私たちは会社に残業をさせて頂き、そのうえでさらに残業代をいただいているのです!」と発言。

私は「?」となりました。

残業は社員がどうしても終わらなかった仕事をやむを得ず、業務時間外に行うものです。残業代はその労働分の対価です。

残業とは決して社員が好きで頼み込んでやるものでも、ボーナスのように受け取るものでもありません。

しかし、会社に取りつかれる人にとっては当たり前のようです。改めてその会社について調べたら人の出入りが激しい(離職率の高い)会社でした。

特徴⑤:以前に所属していた社員を悪く言う

そんな人いるのかと思うかもしれませんが、残念ながらいます。とある小さな会社での社長面接を受けた時の話です。

喫茶店で面接したのですが、お金を渡され応募者の私にコーヒーを買ってこさせられました。

その時点で既に帰りたかったのですが、面接が進むとなんと過去に所属していた社員の悪口を言っていました。

自身が抱えていた従業員を悪く言う姿勢の社長の下で働きたい気持ちは湧かず選考を後日辞退しました。

面接中に人の悪口を言うような会社はモラルやコンプライアンス遵守の概念が疑われるので、内定をもらっても一度振り返って良く考えてから判断しましょう。

ブラック企業に出会う確率を減らす方法

ブラック企業の存在への認識は一昔前よりも断然に認識されるようになりましたが、今でも多くのブラック企業が世にあります。(残念ながら)

求人の作り方が巧妙なブラック企業も多いため、自分の力だけで自分に合う求人を探すだけでも一苦労です。

求人を探す負担を減らすためにdodaのような、求人だけでなく専門スタッフがあなたの希望や適性に合った求人の紹介をしてくれる転職エージェントへの登録するのが良いでしょう。

無料で履歴書、職務経歴書を書くための秘訣も教えてくれるので賢く利用しちゃいましょう。

リンクを貼っておきますので参考にしてみてくださいね。


とは言っても、転職エージェントの使い方が想像できない人もいると思いますので、別で下記にまとめています。こちらも良かったら参考にしてみてください。

転職エージェント利用時の6つ流れを解説!効果的に転職エージェントを活用する方法
転職活動を行う中で、転職エージェントを利用する方は非常に多いです。しかし、初めて転職エージェントを使うとなると何をすれば良いか流れが分からなかったり、漠然と不安があり何となく利用するのが億劫だから自分で求人に応募すれば良い...

転職先を失敗してしまう確率を少しでも下げるためには、自分で知識をつけることも大切ですが外部のサービスを上手に使うことも成功への近道になりますよ。

まとめ

今回は、面接中に選考を辞退しようと感じたやばい会社について紹介しました。

世の中には色々な人がいるように、色々な会社が存在します。

ブラック企業に捕まらないように面接で違和感を感じたり、合わないなと思ったらもったいないと思わず辞退するのも1つです。

あなたの先に待っている幸せにたどり着けるように陰ながら応援しています。

タイトルとURLをコピーしました